カテゴリー
おやつは食べてもいい? ダイエット

ダイエット中のおやつは成分に注意!

ダイエット中だけどおやつは食べたい!

でも成分によってはダイエットにとっても悪影響を及ぼすものもあるのを知っていましたか?

また、ダイエット中のおやつはストレスを溜めないためにも、太らないためにも必要であるのです。

いったい何に気を付けて、どのくらいの摂取量ならいいのか、今回の記事ではダイエット中の皆さんのそんな悩みを解決していきたいと思います。

ダイエット中のおやつはどんな成分に気をつければいい?

糖質が多いものは避けるようにしましょう。

菓子パンは糖質の塊と言われており絶対にNGです。

また、肉や魚に含まれているたんぱく質は脂肪(油、卵など)や食物繊維(野菜、きのこなど)と一緒に摂ると腹持ちがいいと言われています。

ただ現代人の多くは食物繊維が不足していると言われており、それが含まれているおやつを選ぶようにしましょう。

ダイエット中のおやつは何を選ぶ?

ナッツ

食物繊維、ミネラルが豊富。

アーモンドはビタミンE、食物繊維、カシューナッツはビタミンB1、亜鉛、ピスタチオは鉄分、カリウム、クルミはαリノレン酸(ビタミンA、B2)が豊富です。

ただナッツ類はカロリーが高いので1日20粒程度を目安としましょう。

ヨーグルト、チーズ、卵

たんぱく質と脂肪が一気に摂れます。

腹持ちがいいだけでなくしっかり栄養が摂れるのでおすすめです。

ビターチョコレート

カカオ70%以上のものを選ぶようにしましょう。

チョコレートは腹持ちが良く手軽に食べることができますね。

ミルクチョコレートやホワイトチョコレートは糖分、脂肪が大量に含まれているのでダイエット中は我慢をしましょう。

果物

ビタミンC、食物繊維を含んでいます。チーズ、ヨーグルトと一緒に楽しんでみるのがおすすめです。

ダイエット中のおやつのカロリーはどのくらい?目安は

1日200kcalを超えないようにしましょう。

ヨーグルトに果物をトッピングしたり、ナッツを食べたりして楽しみましょう。

我慢しすぎる食事制限の落とし穴

食事制限をしすぎると、空腹やそれによる食べ物の誘惑によってストレスが溜まっていきます。

ストレスを溜めすぎると、暴飲暴食の繋がってしまう恐れがあります。

また、我慢のしすぎで精神を消耗してしまい、ダイエットが続かないという結果になってしまうのです。

まとめ

ダイエット中に間食、おやつは厳禁だと思っていましたがそういうわけでもありませんでしたね!

1日のカロリー摂取量には気を付けて間食を摂って、ストレスを抑えることにより、無理をしなくなり、自己管理ができるようになります。

しっかりと成分に気を付ければダイエットは成功に近づくはずです。

応援しています。頑張ってください!

カテゴリー
ダイエット 停滞期の過ごし方

ダイエットの停滞期、どう乗り越える?

ダイエットを始めて、1ヶ月…、最初は体重が順調に減っていたのに最近急に全然減らなくなってきた、、、

どうして?これが停滞期だと気付いたけど、いつまで続くの?何をしたらいいのか分からない!

そんな人も多いかと思います。

この記事ではそんな疑問や、悩みを解決していきたいと思います。

ダイエット中の停滞期はなぜおこる?

ダイエット中の停滞期の原因は、体の防衛反応によって起こります。

急激なダイエットの体重の減少によって、1ヶ月間に体重の5%以上が減ると、餓死状態だと判断し、生きるため、体を維持するために、体重を減らさないように体は守りに入り、食事によるエネルギーの吸収率が上がります。

これは体のホメオスタシス(恒常性)という機能が働くことによる現象です。

これは誰にでも起こりうることです。

停滞期はいつまで続く?

ホメオスタシス効果がなくなってくるのは2週間から1ヶ月ほど。

この期間をどう乗り越えるかがダイエット成功に繋がっていきます。

ダイエット中の停滞期でも運動は続ける?

停滞期に入っても、ダイエットを続けることは大切です。

停滞期中でも今まで通りの運動をすることによって、ホメオスタシス効果を和らげることができます。

ただ、筋トレは逆効果です。停滞期に入り、焦って食べる量を減らしたり、筋トレで運動量を増やしたりすると、さらに危機感をさらに与えてしまいます。

停滞期はどう過ごすのがベスト?

停滞期を終わらせるには今まで通り栄養をきちんと摂ることが大切です。

今は停滞期だ!と割り切りましょう。

パニックになって、急に食事の量を減らしたり、運動量を増やしたりするのはNGです。あくまでも今まで通りを続けて、地道にダイエットをしましょう。

そして停滞期に入ったらダイエットを見直してみましょう。

ダイエット時の食事バランスはいいか、食事は減らしたが運動不足では無いかなどいろいろと見返してみてください。

問題点を出すことによって、今後のダイエットに役立てることができます。

また、ダイエットによって減らしていた食事を一時的に元の量に戻してみるのも手です。

停滞期は体が飢餓状態と感じているわけですから、食事を少しだけ増やしてみるとホメオスタシス機能を解除することができるかもしれませんよ。

でも少しだけ増やすと言ってもダイエットをする前の食事量に戻すくらいにして、暴飲暴食を始めるということはしないようにしましょう。

まとめ

停滞期は誰もがダイエットをする上で経験するものです。

停滞期が来て、なかなか体重が減らなくてがっかりしてしまい、ダイエットを諦めたり、急にダイエット方法を変えてみたりすることはないようにしましょう。

地道にダイエットを継続し、停滞期を乗り越えましょう!

カテゴリー
ダイエット モチベーションの上げ方

ダイエットが続かない! モチベーションを上げるには

「絶対に成功させる!」と始めたダイエットでも、気がつくとモチベーションが下がり、結局続かず、失敗に終わることが多いダイエット。

ダメだと分かっていても、誘惑にも負けてしまいがちですよね。

今回は、そんな途中で挫折しがちなダイエットが、続かない理由や、うまくモチベーションを保つ方法、嬉しいご褒美デイについてまとめてみました!

今まさに、ダイエットで悩んでいる人はぜひ、取り入れてみてください!

ダイエットが続かない理由は?

ダイエットが続かない理由を挙げていきます。

・モチベーションが続かない

・ストレスが溜まる

・すぐ効果が出ない

・目標が高すぎる

・一人でやるのが辛い

・食の誘惑に負けてしまう

ダイエット経験のある人は、一度は同じことを感じたことがあるのではないでしょうか?

そもそも、脳は苦痛を避け快を求めるよう出来ている為、ダイエットを続けるのはそれだけ難しいことでもあります。

なので、うまくモチベーションを上げることが大切です!

ダイエット中のモチベーションの上げ方!

ダイエット中のモチベーションの上げ方を挙げていきます。

・ゴールや期限を設定する

・ライバルや、仲間を作る

・運動の時は好きな音楽を聴く

・ご褒美を作る

・憧れの人の写真を毎日見る

文章を見るだけでも、少しワクワクしますよね!

「痩せたら楽しいことがある!」「これを頑張ったらご褒美がある!」など、ダイエット中も楽しいことを考えながら行うことが、ダイエットの成功にはとても大事。

自分にあった、モチベーションの上げ方をぜひ見つけてみてください!

チートデイも必要!

チートデイは、ダイエット中でも「好きなものを食べていい日」のこと。

チートデイが必要な理由を挙げていきます。

・代謝が上がる

・ストレスが減る

・栄養バランスを整えてくれる

「好きなものを食べたら、せっかく痩せたのに体重が戻ってしまうのでは?」と不安に思うかもしれませんが、うまく取り入れることで、早く停滞期を抜けることが出来ます。

特に、停滞期に入りなかなか体重が減らなくなった時に、週に一回行うのがオススメ。

モチベーションアップにも繋がるので、ぜひ取り入れてみてください!

まとめ

いかがでしたか?

脳の仕組み的にも、ダイエットという苦痛になりやすいことを続けることはなかなか難しいことだということが分かりました。

そこで、自分の気持ちがダイエット中でも楽しくなるように、チベーションを上げることが大切でしたね♪

その中でも、好きなものを食べていい日である、「チートデイ」を作ることが停滞期を早く抜けるポイント。

ご褒美だけど、ダイエットにとって嬉しい効果もあるなんて一石二鳥ですよね!

ぜひ、うまく取り入れてダイエットを継続させ、理想の体型をゲットしてください。

カテゴリー
ダイエット 見た目が変わらない理由

ダイエットしているのに見た目が変わらない。その理由は?

ダイエットが順調に進み、体重も減ってきたのに、鏡を見ると体型は変わってないなんて経験ありませんか?

せっかく頑張ってしているダイエットなので、周りの人にも変化に気づいて欲しいですし、見た目に効果が出ないとモチベーションも下がってしまいますよね。

そこで今回は、ダイエットしているのに見た目が変わらない理由と、うまく見た目に変化を出すコツや方法をまとめました。

ダイエットしているのに見た目が変わらない理由は?

ダイエットをしているのに、見た目が変わらない理由は、脂肪ではなく、筋肉が減ってしまっている可能性があります。

脂肪は1kgあたり両手からはみ出すくらいのサイズがありますが、筋肉は1kgあたり握りこぶし一個分ぐらいのサイズと言われています。

つまり、脂肪が1kg減るのと筋肉が1kg減るのとでは、サイズが違う為、同じ1kgの減量でも見た目の変化に違いが出るということです。

また、脂肪より筋肉の方が落ちやすく、筋肉が減ると基礎代謝が下がり、痩せにくくなってしまうことも問題です。

見た目に変化が欲しい!綺麗に引き締めるコツは?

見た目に変化を出すためには、「筋肉をつけて引き締めること」と「脂肪を燃焼させること」が大切。

筋肉を引き締めるためには、引き締めたい部位にアプローチする無酸素運動である筋トレを取り入れ、脂肪の燃焼には、有酸素運動であるランニングなどを取り入れることが必要です。

無酸素運動と有酸素運動をうまく組み合わせることが、綺麗に引き締めるコツです!

筋トレ以外に方法はある?

見た目に変化が出る、筋トレ以外の方法は、「生活習慣を整えること」と「マッサージ」です。

生活習慣を整えることが脂肪の燃焼に繋がりますので、野菜とタンパク質を意識して摂り、炭水化物や脂質、糖分や塩分は控えましょう。

睡眠は6時間以上確保しゴールデンタイムには眠るようにしましょう。

「マッサージ」では、リンパマッサージを行うことで、セルライトの原因であるむくみや老廃物を流すことができるので、見た目にも変化を感じやすい方法です。

ぜひ、できる範囲でうまく取り入れてみてください。

まとめ

いかがでしたか?

ダイエットしているのに見た目に変化が出ない理由は、脂肪ではなく筋肉が減ってしまっているからでしたね。

脂肪は筋肉より落ちにくいけれど、脂肪を落とせたら、見た目に変化が出やすいことが分かりました。

綺麗に引き締めるコツは、有酸素運動と無酸素運動をうまく取り入れ、「ランニング20分、筋トレ20回」のようにできる範囲で取り入れることが大切でした。

筋トレ以外でも、「生活習慣を整えること」や「マッサージ」も見た目に変化を出せるので、筋トレが苦手な人にオススメの方法です。

ぜひ見た目にも変化を実感し、更なるダイエットのモチベーションアップに繋げてみてください!

カテゴリー
ダイエットのメリットデメリット

ダイエットには運動が必要不可欠? 運動なしで痩せられる?

ダイエットをして、理想の体系を手に入れたいけれど、運動は苦手。出来れば手間をかけずに痩せたい!という方も多いかと思います。

今回はダイエットで定番の、「運動」「食事制限」「置き換えダイエット」こちらの3つの、メリットとデメリットを挙げ、運動なしで痩せられるのか?という疑問に迫っていきたいと思います!

運動するメリット・デメリット

運動するメリットとデメリットを挙げていきます。

メリット

・血液循環が良くなる

・基礎代謝がアップする

・心肺機能を高めることができる

・ストレス解消になる

・生活習慣病の予防になる

デメリット

・時間や体力が必要

・過度な運動は、怪我や病気のリスクになる

・有酸素運動のみを行うと、痩せにくくなる

食事制限のメリット・デメリット

食事制限のメリットとデメリットを挙げていきます。

メリット

・手間がかからず出来る

・比較的早く効果を実感しやすい

・生活習慣病の予防になる

デメリット

・生理不順や、栄養不足により肌荒れが起きたり、髪の艶がなくなる

・ストレスが大きい

・ホメオスタシスが働き、リバウンドしやすい

・筋肉が減り基礎代謝が下がり、太りやすい体質になる

置き換えダイエットのメリット・デメリット

置き換えダイエットは、3食のうち1食または2食をダイエット食に置き換える方法です。置き換えダイエットのメリットとデメリットを挙げていきます。

メリット

・手軽に始められる

・続けやすい

・短期間でも効果を実感しやすい

・色々な種類の置き換え食品がある

デメリット

・費用がかかる

・復食のやり方を間違えるとリバウンドする

・筋肉が減り基礎代謝が下がり、太りやすい体質になる

・空腹感がある

まとめ

いかがでしたか?

運動なしで痩せられる?という疑問についてですが、食事制限や置き換えダイエットで一時的に痩せることはできます。

ですが、食事制限だけに頼ってしまうと、体の基礎代謝が下がり、むしろ痩せにくい体質になってしまうことが分かりましたね!

なんと、食事制限をして下がってしまった基礎代謝は、8年経っても上がらなかったというアメリカの調査報告もあるそうです。

手軽に始められる、食事制限ですが、それだけに頼ってしまうのはむしろ危険。

女性にとっては、生理不順や肌荒れなど、美容にも影響があるのは嫌ですよね。

ですので、正しいダイエットには、運動で基礎代謝を上げる事が必要です!

ダイエットで思い浮かべる運動といえば、ランニングや水泳が多いかと思いますが、これらは有酸素運動に含まれます。有酸素運動だけを続けると、筋肉が大きくなりにくくなり、代謝が下がりやすくなってしまいます。効率よく、代謝を上げるためには、無酸素運動である、筋トレなどをうまく組み合わせることも大切。

まとめると、バランスの良い食事をとりながら、ウォーキング30分、筋トレ10分のように組み合わせることで効率よく、基礎代謝が上がり、健康に体重を落としていくことができます!

手軽に手っ取り早く始められる食事制限に頼りがちですが、うまく運動を取り入れて、ダイエット成功させましょう!